小田和正コンサートツアー2011「どーもどーも」ナゴヤドーム2日目。

小田和正さんの3年ぶりのコンサートツアーに行ってきました。
実は、3年前(2008年)にはじめてコンサートに行って、ファンになったにわかファンです。 3年前は、1回行って、気に入って、さらにもう1回行って、とどめのドームツアーも行われたので、それもいって、1年で3回も行ってしまいました。
今回は、ドーム1回のみです。
思い起こすと、3年前から今までいろいろありました。
リーマンショックに始まり、父の病気発覚と死去。その他、仕事系でもいろいろあり、なんとか今回もコンサートに行ける状況にあることには、感謝です。

2011091811305020110919000345

さて、コンサートですが、定刻の17時を10分ほど遅れて始まりました。
我々の席は、アリーナのA1ブロック。
野球でいうと、レフト定位置から3塁側によったあたり。ファールラインのあたりでしょうか。
野球でいうと、バックスクリーン前にメインステージがあります。
上部からしっかり見損ねたのですが、たぶん田の字型にアリーナ内に花道があるようです。田の字の中心やあちこちで小田さんが歌います。花道だけでなく、アリーナの外周部分も自転車で走ります。 すごいです。
5時10分頃に始まり、アンコール、ダブルアンコールを経て、終了したのは、午後8時半頃。3時間20分。特に後半は、ほぼ歌いっぱなし。堪能いたしました。

ちなみにオープニングムービーは、1990年代からのツアーの歴史。ショー中ほどのご当地ムービーは、今回のツアー総集編その2と庄内川をバックにみんなで歌おう企画「ふるさと」でした。
前日のムービーはツアー総集編その1と久屋大通りでみんなで歌おう企画だったので、名古屋2日間でもムービーは違うようです。1日しか行っていないので、違いはよくわかりません。
コンサートグッズとして、パンフレットとTシャツを買いました。
パンフレットは、ツアーパンフレットですが、今回のツアーの情報は少なく、ほとんどが前回のツアーからの小田さんの活動報告でした。まあ、これはこれでおもしろく読み応えがありました。
また何年後になるかはわかりませんが、また行きたいものです。
★★★★★ 

 


ユーミン三昧の土曜日。

sany001614日の土曜日は、Surf & Snow 苗場のインターネット生中継の日。
さらに2時からは、同じく生中堅で演奏メンバー+プロデューサーの松任谷正隆さんのインタビュー。19時からは金曜日の夕方にゲレンデで行われた「バレンタインライブ」の配信と、午後からほぼユーミン。自宅では、パソコンにプロジェクターをつなぎ、壁面に大画面に投影して楽しむのだ。
昨年は、配信の仕様が生中継なし、全画面再生ができない状態だったのであまり楽しめなかった(まあ現場にも行っていたからというのもあるけど)。今年は一昨年までのように生中継(ファンクラブメンバーのみだけど)、全画面再生ありなので、苗場に行けなかったGOTOKUROとしては、大いに楽しめたのだった。
来年は、苗場30周年。なんとか行けるようにがんばります。


Kazumasa Oda Tour 2008 きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪

SANY0019


SANY0021
SANY0024
SANY0027

本年三回目の小田さんであります。ファンクラブで申し込んだにもかかわらず、一塁側スタンド席11列でありました。でも、前回のサザンのときは、ドーム最上部の五階席の最後列の一列手前という、断崖絶壁の上のような席でしたので、大きな進歩です。
開演前に、アリーナ席でお客さんが倒れて緊急治療ということで、開演が45分程度遅れました。
開演後は、何もなかったかのように進行。リハーサル中に自転車でこけて、腰を痛めたという小田さんでしたが、相変わらずパワフル。ステージ後半でも、けっこう走ってましたから、後が大変だったかもしれません。
 それにしても日本ガイシホールに比べると、ドームは広いです。4万2,3千名の入場者ということで、そりゃ混むわなあ、という感じです。
一列前がけっこう年配のおじさんだったけど三時間以上のショーを耐えてました。このおじさんもだいじょうぶだったのだろうか。
入場前にグッズ売り場に寄りましたが、ここも日本ガイシホールに比べるとかなりの混雑。FINAL用パンフレット(ご当地紀行の総集編みたいな感じのもの)と、ウィンターバージョンのストラップ、クリアファイルセットを購入しました。
あとは、苗場に行った帰りに、ファーイーストカフェに立ち寄ることが目標です。 


 

 


2度目の小田和正「今日もどこかで」ツアー。

img_0237img_0243
9月3日、前回行った同じツアーがあまりにも楽しかったので、9月の部もチケットをとって見てきました。前回はアリーナでしたが、今回はスタンド席の中央のもっとも後ろで高い席。目線の高さが天井からつり下げられたディスプレイとほぼ同じ。どんなもんかなあ、と思ってましたが、アリーナの全体像を俯瞰でき、これはこれで結構楽しかった。ライティングも含め、演出の全体像がよくわかるし、小田さんも動きもよく見える。前回、アリーナの時は、自分たちと遠い方に小田さんが行くと、なにをしているのか、さっぱりわからなかったからなあ。いままでのコンサートでも、ほとんど見たことのない位置で楽しめました。それも、このツアーのステージがアリーナ全体に広がっているからだろうなあ。ステージが一部のところに固まっていると、こうは楽しめなかったと思います。小田さんエライ!
2度目のアンコールでは、なんと松たか子がゲストで登場。小田さんプロデュースの自分の曲と、ツアータイトルにもなっている「今日もどこかで」にコーラス参加。CDにもコーラスで参加しているとのこと。
次回は、追加公演で12月にナゴヤドーム。ドームだととても便利なので、たぶんまた行くと思います。

前回のコンサート


KAZUMASA ODA TOUR 2008 今日もどこかで

初!小田和正コンサートでした。いやぁ。素晴らしかった。こんなにいいとは正直思ってませんでした。

ホール中央よりやや後方に設置されたステージから四方に延びた小さなステージがあり、そのひとつがちょうど私たちが座ったすぐ近くで、目の前で小田さんがキーボードの弾き語りで2曲、歌ってくれました。

実はS席対象で「オンステージ席」というのがあり、どうするかしばし迷ったのですが、結果として、アリーナ席が正解だったと思います。

しかし、60歳にしてあのパワー。いや、頑張らねば。(KURO)

コンサートの中ほどで、小田さんが各地(ここでは名古屋周辺)を回った映像を上映するコーナーがあります。購入したパンフレットによると10年ほど前からプログラムに組み込んだそうで、各地毎にいままでの内容とも連動するものになっています。今回は我々の会社も関わっている「トヨタ博物館」も訪問されてました。「世界の名車展」も映っていた。すごいぞ。

看板代わりのツアートラックアリーナBブロックのチケット購入したグッズ
(GOTO)


ユーミンソング・ミュージカル「ガールフレンズ」

苗場に行く前日に、天王洲劇場で観賞。雪の中を東京に向かったのであった。席は、前回の公演が方がよかったけど、確実に内容はアップグレードしているのであった。


Yuming 「THE LAST WEDNESDAY TOUR」に行きました。

レインボーホール、アリーナ20列目で中央、舞台に向かって左手側の席で観賞。途中、アリーナ中央のサテライトステージに向かってユーミンがすぐ横を走り 抜けたのですが、すばやすぎてよく記憶に残りませんでした。ステージは相変わらずクオリティ高くてよかった。完全にビデオ系を脱して、舞台美術に力を入れ た感じ。次回からは2回くらいは見たいなあ。(GOTO)


Surf & Snow Naeba vol.26

昨年に引き続き、苗場に行ってきましたよ。
【演奏曲】
午前4時の電話
ようこそ輝く時間へ
夢の中で
私なしでも
ナビゲイター
Spinning Wheel
虹の下のどしゃ降りで (新曲)
(リクエストコーナー)
ランチタイムが終わる頃
Sign of the Time
恋の一時間は孤独の千年
シンデレラ・エクスプレス
Miss BROADCAST
時空のダンス (新曲)
ESPER
BLIZZARD
Forgiveness (新曲)
(EC)
雨のステイション
オールマイティー
(EC)
雪だより


苗場2日目。

7時頃起きて準備をして、8時過ぎに朝食へ。その前に帰りのバスのチケットを購入。10時半のバスだがけっこういっぱい。販売は7時からだから休日だと早めの購入が必要かも。
9時半に楽勝でチェックアウト。10時過ぎにお土産売場から戻ってきたらチェックアウト窓口に長~い行列。早めにいって正解だった。
10 時半発予定のバスはなんと18分に出発。雪もないので11時前には越後湯沢駅着。千種までの指定券を取り、昼食後の12時46分、越後湯沢出発。行きと同 様、長野経由で18時前に千種に到着したのでした。ああ、おもしろかった。チケットがとれたら来年は2泊3日で行きたいものです。(GOTO)

仕事中朝食雪の上で記念写真