姫路に帰省。

8月14日15日とGOTOの両親のいる姫路にクルマで帰省。
14日は、午前2時頃に起きて(前日は3時間程度の仮眠)、3時前に出発。名神一宮→中国道→山陽道経由で、休憩2回、午前6過ぎに到着しました。
14時頃まで仮眠したりオリンピックを見たりで、15時過ぎににしの延暦寺といわれる書写山圓教寺に観光。
帰宅後、食事してスーパー銭湯に行って、その後生家に弟を呼んで、しばし話し、ホテルにチェックインしたのでした。
翌日は、道が混みそうだったので、朝生家によって、午前10時前に出発。直ぐ近くの姫路バイパスから北上して山陽道に乗り、来たときと同じルートで名古屋へ。途中、吹田から京都まで渋滞したものの比較的スムースに名古屋都心に到着。一宮ICから名古屋高速につながる高速が開通しているためそちらを使いましたが、ナビの地図が対応してないので若干混乱。栄によって、買い物と食事をしたのでした。自宅には15時到着。けっこう楽な旅でございました。ETCの深夜割引は、4割引でお得だったのだ。


姫路に帰る。

金曜日が大阪に出張だったので、金曜日は生家のある姫路に帰った。家にはいるとクーラー故障中のこと。ひときわ暑い夏だというのに、大丈夫か。ものはヤマダ電機の5年保証ということでただで直りそうだが、この暑さで業者もいっぱいではないのだろうか。心配。


伊勢・鳥羽旅行2日目。

鳥羽水族館で記念撮影

朝6時に起きて、GOTOは温泉につかりました。露天風呂は雨で、屋根がない寝湯のところでは、顔に雨が当たって落ち着かず。
お風呂の後は、少しゆっくりしてバイキングの朝食。
さらにゆっくりして、9時過ぎにチェックアウト。この時点で朝のすごい雨は小降りに。そのまま鳥羽水族館に直行。けっこうな人出でび

っくり。早めのお昼を鳥羽水族館で食べ、1時過ぎには名古屋に向かって出発。鳥羽からは有料道路で伊勢ICまで直行。ここから来た道を帰りました。愛知県にはいるまでは、雨も小康状態でしたが、木曽川を渡り愛知県に入ったら豪雨。自宅近くまで来たら、今度はイオン来店者のクルマで渋滞。とはいうものの3時には自宅に着いたのでした。


伊勢・鳥羽旅行2日目〜夫MSGの補足

リゾートトラスト鳥羽の朝食

■朝食は前日夕飯を食した「アラゴスタ」とコンベンション「マリンポート」のどちらかで頂けるというので、立ち寄っていない「マリンポート」で頂くことに。和食と洋食どちらにするか、ちょっと迷ったのですが、前日、山のように食べたので、洋食で軽めに。和食の内容は割としっかりした感じでした。

■チェックアウトした後、少し離れた駐車場まで敷地内を巡回しているシャトルバスで送ってもらう。運転手さんに駐車場番号を告げると途中下車させてくれるというサービス。しかし、ガソリンが高騰してる今、シャトルバスのガソリン代も馬鹿にならないよなーとか、ふと思う。

鳥羽水族館のオウムガイ

■前日のマッサージの「もみ返し」なのか、体がものすごく重くだるい。夫は体が痛いと言っていた。お互いにベストコンディションではない中、鳥羽水族館に到着。既に鳥羽水族館側の駐車場は満車で向かいにある駐車場の2階に車を留める。鳥羽水族館は中央に出入り口があり、右から見るか、左から見るか迷ったが、30分後ぐらいにアシカのショーがあるというので、とりあえず、アシカのショーが行われる左方向から見ることに。私的には「古代の海」のカブトガニとか、オウムガイとかが見られていい感じ。夫はオウムガイの前で「こういうのはちょっと」と申しておりました。

鳥羽水族館アシカのショー

■アシカのショーが行われるパフォーマンススタジオについたら、既に着席出来る場所はいっぱいで、後方の立ち見席へ。その後もどんどん人が入ってきて、最終的には通路も人でいっぱいに。ショーはなかなかテンポが良く、楽しく拝見いたしました。

■その後、残り半分のコーナーを見ることに。日本の海でスナメリを見、ジャングルワールドを終えたところで、昼食を取るために中央に戻り、レストランでカレーライスを食べる。ご飯の量がめちゃくちゃ多かったので、最後、ふたくちぐらい残しました。ごめんちゃい。食後、極地の海でラッコと対面。思ったより大きかったけど、やっぱり、毛のある動物はかわいい。昔、北海道で「うそ」を見せられたクリオネともご対面。なんだ、ここで見られるんじゃん。

鳥羽水族館のペンギンパレード

■水の回廊でペリカン・ペンギンの散歩タイムに遭遇したので、見てみることに。ペリカンは子供だったらでかくて泣くかも。アヒルはかわいい。ペンギンは名古屋港水族館のスピーディに泳ぐ姿の方がステキかも。

鳥羽水族館のジュゴン

■人魚の海でジュゴンとご対面。でかいです。でかいです。オスのじゅんいちは優雅に泳いでいましたが、メスのセレナはご飯を食べるのに一生懸命でした。じゅんいちと一緒に泳いでいた大きな亀がかわいかった。

■水の回廊に出る手前で写真屋さんが売り物の写真撮影とお客さんのカメラで撮影をしてくれたのですが、有無を言わせず、ぬいぐるみを渡され、ポーズを取らされ、更に撮影が終わると「買わなくても良いですよ」と既にフレームに入った写真を手渡され、まあ、撮影代ってことでと1000円の写真を買いました。あれは断れませんわ。してやられたりな感じ。

■いろいろあったけど、楽しい旅行でした。今度、旅行するのはいつかなー。


伊勢・鳥羽旅行1日目

土・日を使って、伊勢・鳥羽方面に遊びに行ってきました。

土曜日の行程

名古屋高速吹上入口→東名阪名古屋西→亀山JCT→伊勢自動車道伊勢出口を通って伊勢神宮内宮へ。
昼食をとって、参拝。その後、赤福本店で赤福をいただき、おかげ横丁散策。
伊勢神宮を後にして、二見浦の夫婦岩観光へ。
早めに宿泊先のホテルに到着。
昼寝して、夕食を食べて、温泉に入り、ラウンジでゆったりして、就寝しましたよ。

伊勢うどん

伊勢神宮本殿前にて

赤福本店

夫婦岩前にて

ラウンジ生演奏中


伊勢・鳥羽旅行1日目〜夫MSGの補足

■朝ご飯を食べるために立ち寄った「亀山ハイウェイオアシス」。なんか、食欲のわく食べ物がなくて、散策して終了。車が走り出して、ふと前を見ると、なんとフロントガラス中央にガムが付着している。何故?ガム?どっから飛んできたんだ???そんなことを考えているより、除去しないとワイパーも使えないので、安濃SAで車を留め、いろいろ試みるがキレイに取れず。ガソリンスタンドでGOTOが店員に聞いたら「ガソリンで取れると思う」というとのこと。やってもらったら、あっさり簡単に取れた。うーむ。ガソリンは偉大だ。

■安濃SAのレストラン前のトイレはclean&Autoな感じ。勝手に蓋が開いて、立ってしばらくすると勝手に流れる。とてもGoodでした。ちなみに、今回、伊勢神宮の公衆トイレ、二見浦の公衆トイレ、鳥羽水族館のパフォーマンススタジアム近くのトイレが、なかなか「うっ」という感じのトイレで困りました。唯一、鳥羽水族館の2F館内のトイレだけが、なんとかOK。トレイはキレイな方がいい。

安濃SAの朝食

■昼食は私の「伊勢うどんが食べたい」というリクエストに応えてもらったのですが、おかげ横丁の中にあるお店で食べられなかったのが若干心残りかもね。

■伊勢神宮参拝も私が行きたいというリクエストに応えてもらったものです。本来、外宮→内宮が正式らしいのですが、はしょって内宮のみ。駐車場がいっぱいとのことで、少し待ちましたが、雨の土曜日の午前中ということで、割とすぐに入ることが出来ました。神宮内は、宇治橋から眺める五十鈴川がとても美しく、御手洗場でふれた川の水はとても清らかで心地よく、正宮までの森も緑鮮やかでとても深くて清々しくて気持ちよく歩けました。ちなみに、正宮近くの森はGOTO的表現で言うと「スターウォーズみたい」です。

■赤福本店はとても沢山の人に溢れておりました。ほとんどはお土産を購入する人たちでしたが、私のリクエストで奥で頂くことに。五十鈴川を眺めつつ、暖かいお茶と共においしく頂きました。

■伊勢神宮からずっと続いている道が「おかげ横丁」と思っていたら、実は、赤福本店の正面にある一角が「おかげ横丁」と判明。「豚捨」という牛肉専門店さんでコロッケを買い求める人の列を見て、もうかなり食べているはずなのに「食べる」とGOTOが言うので、並んで買ってみました。味は、えっと、ふつー、かな。

■おかげ横丁のマップを見ていたら、招き猫のお店があるとのこと。かわいい招き猫がいたら買おうとずっと思っていたので、立ち寄ることに。なんか、あまりにバリエーションがありすぎて決められず。更に何気に入ったその向かいの店でだるまさん発見。そーそー、だるまさんも久しぶりに買いたいと思っていたんだった。ということで、赤・白・緑・金といろいろな色のだるまさんがあったけど、ぷち金持ちを目指すKURO的には、やっぱりここは「金」よねということで、金色のだるまさんをご購入。お願い事は結婚記念日にします。

■おかげ横丁から伊勢神宮の駐車場に戻る間に「五十鈴川カフェ」という看板がよさげだったので入ってみました。GOTOはさらにここで「シュークリーム」も食べましたが、このシュークリーム、見かけは普通の大きさなのですが、中身はぎっしり入っていて、持ったらずっしりと手に重みを感じましたよ。でも、完食。

■二見浦の夫婦岩に入る道を見逃した先に、でかい「徒歩2分」と書かれた看板のある駐車場が目に入り、とりあえず留めてみたところ「館内で買い物をすれば駐車料金無料」らしいので、ほじゃ、とりあえず、行ってみるかーとその館内に入ろうとしたのですが、土曜日だというのに店は開いておらず、たぶん、潰れたのではないかという気配。ちょっと、だまされました。

SANY0079

■宿泊はエクシブ鳥羽アネックス。部屋からは海が見えました。屋外プールでは、スキューバをする人たちと、お掃除ロボット君が掃除をしているところが見られました。

■夕食は館内のイタリアンレストラン「アラゴスタ」で頼んであったコースをおいしく頂きました。夫はプラス料金でメインを魚から牛フィレに変更してもらいました。

前菜

パスタ

主菜 フィレ肉

主菜 魚(すずき)

■お風呂は別棟にあり、5〜6分間隔で敷地内を走るシャトルバスに乗って行くことが出来ます。受付をしている時に、先に私を案内してくれたのはよかったのですが、GOTOに下着類を渡すのを忘れていたことに気づき、あわてて受付で呼び出しをお願いしてみたのですが、流石、GOTO、もう既に湯船の人で間に合いませんでした。すまぬ。

■お風呂の後は、事前に予約した35分のマッサージをしてもらいました。マッサージ室は男女それぞれのお風呂の出入り口横にあるので、GOTOは男性の1番、私は女性の3番でやっていただきました。私をマッサージしてくれたのは結構良い年のおばちゃんでしたが、私の右の親指を見て「これは、まむし指って言って、金持ちになる指だよ」と教えてくれました。私の右の親指は関節から先が成長していなくて、爪が横に広がった形なんですが、この形の指がお金持ちの指だということは初めて聞きました。母はずっと「あんたは金に困らん」と言い続けていたのですが、母は手相は見ない人なので、手相以外の観点でも、手相でも、私はお金には困らないみたい。おばちゃんには「いいこと教えてくれてありがとー」ってお礼を言いましたよ。

■ホテルに戻って、ラウンジで、GOTOはダイキリとミックスナッツを、私は普段滅多に食べないソフトクリームサンデーを頼みました。ソフトクリームサンデーは420円と安かったのでそんなに量がないかと思いきや、どっさりどっしりでちょっとびっくり。ピアノ&サックスの演奏があり、ゆったりといい気分で夜のひとときを楽しみました。演奏後、奏者の二人がお客様にご挨拶をされていたのですが、まさかいらっしゃるとは思わなかった私たちは気の利いた言葉を発することが出来ませんでした。こういう時にとっさに何か言えるといいんけどな。

■エクシブは料理が高いというイメージだったのですが、結構、今回の鳥羽はリゾートなホテルの割にはリーズナブルだったかと思われます。


姫路駅、高架になる。

1156337726昨日、帰省した折、姫路駅のホームが高架に切り替わっていた。40年近く前、姫路に越してきた頃から、山陽本線の高架化運動が行われていたから、知ってる限りでも苦節40年。ただホームの本数が少なくなっているようで、ホームが混んでる気がしました。


苗場2日目。

7時頃起きて準備をして、8時過ぎに朝食へ。その前に帰りのバスのチケットを購入。10時半のバスだがけっこういっぱい。販売は7時からだから休日だと早めの購入が必要かも。
9時半に楽勝でチェックアウト。10時過ぎにお土産売場から戻ってきたらチェックアウト窓口に長~い行列。早めにいって正解だった。
10 時半発予定のバスはなんと18分に出発。雪もないので11時前には越後湯沢駅着。千種までの指定券を取り、昼食後の12時46分、越後湯沢出発。行きと同 様、長野経由で18時前に千種に到着したのでした。ああ、おもしろかった。チケットがとれたら来年は2泊3日で行きたいものです。(GOTO)

仕事中朝食雪の上で記念写真