8月8日夜の顛末。

オリンピックの開会式を控えた金曜日の夜、KUROさんがスライサーで指を削りました。救急車を呼ぶほどではないものの、血が止まらないので、ほっとくのもまずい状況。
ということで、救急病院の吉田病院に行くことにしました。ここは以前、GOTOがぜんそく治療に通院していた病院。そしてオフ会で頭を負傷した人が出たときも、夜、治療をしてもらったところです。深夜・休日診療所は、内科・小児科なので、外科的治療はできないようです。
オリンピック直前の8時頃受付をし、治療開始。ただ血を止めないと治療もままならない(というか治療することがあるのか)ということで、止血パッドのようなものを傷口に当てて、包帯を巻いて終了です。なんと痛み止めと抗生剤もでました。精算ができないとのことで、預かり金1万円を渡して、明日も来てくださいとのこと。この時点で明日から予定していた広島行きはキャンセル決定。
自宅に帰ったあと、往復の新幹線、ホテルのキャンセルと広島のスタッフへのお詫び連絡(KUROさん担当)。
まあ後は、オリンピックの開会式を見るくらいしかないので、ゆっくりしたのでした。


「8月8日夜の顛末。」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です