「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪」を見ました。

土曜日の朝一で、港の「TOHOシネマズ」にて、河崎実監督の「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪」を見ました。
いやあ、おバカな映画を全力で作っている。すばらしい。これをロードショー館で公開できる日本という国もすてき。すばらしすぎ。思わずパンフレットも買ってしまいましたが、これもけっこう凝っていていいなあ。
名古屋市内だと港のTOHOシネマズか、センチュリーシネマで上映中。急げ! ★★★★

KUROの感想は・・・
こんなに差別意識に満ちた映画が、ロードショー館で上映されるということが、とても驚きです。いやぁ、「日本以外全部沈没」も国粋主義ばしばしな感じがすごいと思ってましたが、更にグレードアップしているところがすごい。で、この「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発」は「日本以外全部沈没」に続く世界破滅・三部作の第二弾ということらしいのですが、いったい、第三弾はどーなるんだ・・・。