2017年9月に読んだ本

相変わらずマンガばかり読んでいた9月。

期間 : 2017年09月
読了数 : 16 冊
公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)
藤井 太洋 / 早川書房 (2017-08-25)
★★★★★ 読了日:2017年9月29日
なんか素晴らしい短編・中編集。表題の「公正的戦闘規範」もよかったが、「第二内戦」もなかなか。書き下ろしの「軌道の環」は壮大な太陽系SFになっている。藤井さんの作品は、殺伐とした状況を描いているときでも、どことなく未来への希望が感じられるところがいい。次作が待ち遠しいのである。
陽だまりの樹 3
手塚治虫 / 手塚プロダクション (2014-04-25)
★★★☆☆ 読了日:2017年9月27日
324円
転生したらスライムだった件 7 (GCノベルズ)
伏瀬 / マイクロマガジン社 (2016-04-28)
★★★★☆ 読了日:2017年9月23日
HP版で先まで読んでたけど、紙版に戻ってきた。けっこう話が違ってきてるようだが、覚えてないので、よくわからない。
陽だまりの樹 2
手塚治虫 / 手塚プロダクション (2014-04-25)
★★★★☆ 読了日:2017年9月20日
324円
陽だまりの樹 1
手塚治虫 / 手塚プロダクション (2014-04-25)
★★★★☆ 読了日:2017年9月20日
324円。この作品もKindle unlimitedで全巻読めるようだ。それはともかく、やっぱり手塚治虫はすごいな。
恨み残さじ-空也十番勝負 青春篇 (双葉文庫)
佐伯 泰英 / 双葉社 (2017-09-13)
★★★★☆ 読了日:2017年9月17日
安定の佐伯泰英さん。登場人物の配置も安定。
「空腹」が人を健康にする
南雲吉則 / サンマーク出版 (2012-01-18)
★★★☆☆ 読了日:2017年9月15日
まあ、他の書籍で読んだような情報が多かったので、参考になるところは少なかった。ちょっと決めつける論が多めなので、他の情報も参考にするべきでしょうか。1日1食については、もちろん賛同。細かい方法論かな。
さらばわが青春の『少年ジャンプ』
西村 繁男 / 飛鳥新社 (1994-05)
★★★★☆ 読了日:2017年9月10日
ジャンプ創刊からのメンバーにして、編集長としてジャンプ最盛期を支えた西村さんの自伝。創刊時の編集中の長野さんも西村さんも非常にくせのある人物であると感じた。たぶんこの二人が作ってきたジャンプのシステムが、最近まで続いているのだろうと、「バクマン」とかを読んでると想像できる。なかなか参考になる本でした。しかし実名で悪口書くなよ、とは思う。
フイチン再見!(10) (ビッグコミックス)
村上もとか / 小学館 (2017-06-30)
★★★★☆ 読了日:2017年9月8日
村上もとかの描く、女まんが道の最終巻。
侍ジャイアンツ 16
梶原 一騎 , 井上 コオ / グループ・ゼロ (2015-07-09)
★★★☆☆ 読了日:2017年9月7日
432円。
最終巻。終わり方が唐突ですが、現実とリンクしてストーリーが進んでいくため、当時ジャイアンツがV10できなかったための連載終了なのでは、と思いました。
侍ジャイアンツ 15
梶原 一騎 , 井上 コオ / グループ・ゼロ (2015-07-09)
★★★☆☆ 読了日:2017年9月6日
432円
侍ジャイアンツ 14
梶原 一騎 , 井上 コオ / グループ・ゼロ (2015-07-09)
★★★☆☆ 読了日:2017年9月6日
筺底のエルピス5 -迷い子たちの一歩- (ガガガ文庫)
オキシタケヒコ / 小学館 (2017-08-23)
★★★★★ 読了日:2017年9月6日
筺底のエルピス最新刊まで全部読了。ライトノベルだからライトノベル風表現があるけど、設定とかストーリーは超面白い。タイムパラドックス問題、力業でなんとかする模様。いやあいいなあ。次巻が楽しみだけど、1年後か。
筺底のエルピス4 -廃棄未来- (ガガガ文庫)
オキシタケヒコ / 小学館 (2016-06-22)
★★★★★ 読了日:2017年9月5日
イラストあり版。
侍ジャイアンツ 13
梶原 一騎 , 井上 コオ / グループ・ゼロ (2015-07-09)
読了日:2017年9月3日
432円。
筺底のエルピス3 -狩人のサーカス- (ガガガ文庫)
オキシタケヒコ / 小学館 (2016-03-23)
★★★★☆ 読了日:2017年9月3日
通常版。
どんどん凄惨は話になってくるけど、これからどう展開するんだか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です