目黒考二さんの新刊を書店に取りに行きました

「本の雑誌」元編集人の目黒考二さんの新刊「だからどうしたというわけではないが」をwebで予約していて、書店に届いたという連絡があったので取りに行きました。この本は、「本やタウン」と いうweb経由で予約すると著者のサインが入ったものを送ってくれるというので、喜んで予約したもの。しかしまあ、そのサインというものが、実にチカラが ぬけているというか、重々しくないというか、まあ、そんな感じで、なんとなく目黒さんらしいと思うことしきりです(笑)。内容については、また後日。 (GOTO)
※この新刊、アマゾンではまだ取り扱っていないではないか。そんなことではいけないのではないか>アマゾン…